MENU

近距離引越し費用の相場と失敗しない見積もり方は?

金額にびっくりした男

「うわぁっ、引越し費用ってビックリするくらい高いなぁ」

 

私が初めて近所に引越しをしたときに、最初の見積もりを依頼した引越し業者の見積もり金額をみて驚きました。

 

近距離引越しだったので1万前後で済むと思っていたのに、実際は3万円と見積もりをされました。

 

近距離引越しなのに3万円の費用はさずがに高い!と思って、もっと安い引越し業者がないかいろいろとネットで探しました。でも・・・

 

「引越し業者のホームページを色々とみてみたけど、具体的な金額が書いていなくて、正直わかりづらすぎる!」なんでこんなにわかりづらいのだろう?と疑問に思いました。そこで・・・

 

引越し価格ガイドという引越し業者を一括で見積もりができるサイトを使って、近距離の引越し料金の相場をおさえておこうと考えました。実際に使ってみると、サクッと簡単に見積もりができたので楽ちんでした。

 

他にもズバット引越しや引越し侍、引越し達人セレクトやホームズ、スーモにも引越し業者の一括見積もりサイトはありますが、ただ単純に使いやすいという理由だけで引越し価格ガイドを使っています。どの一括見積もりサイトを使っても、正直あまり変わらないので使いやすいサイトを利用しましょう。

 

ちなみにネットで引越し一括見積もりをしたら、以下の引越し業者から見積もり金額をメールでもらいました↓
  1. アリさんマーク
  2. クロネコヤマト
  3. 人力引越社
  4. サカイ引越しセンター
  5. アーク引越しセンター
  6. ハート引越しセンター
  7. ダック引越しセンター
  8. ケーエー引越しセンター

 

とても驚いたことは、どこの引越し業者も見積もり金額が異なっていて、最安値と最高値では2倍以上の開きもありました!

 

一人暮らしで荷物が少なく、近距離の引越しだったにも関わらず、引越し業者によって差がここまで出るとは・・・。

 

結局、1番安い業者の見積もり金額が1万5千円だったので、最初の見積もり金額の半額で引越しをすることができました。

 

近距離の引越しなのに料金に差がでるのはなぜ?

疑問

引越し業者のホームページで見積もりをしたときと比べて、一括見積もり後は極端に料金が安くなりました。

 

なんで近距離の引越しなのにこんなに差がでるのか調べてみたところ、引越し料金は決められた金額(定価)がないようで、引越し業者側のさじ加減で決まるみたいです。

 

つまり、最初に見積もりされるタイミングでは、相場よりも若干高い金額で見積もりがされるので、他の引越し業者と比較して値引き交渉をしないと、割高の料金で引越すことになります。

 

近距離引越しですら、ここまで差がでるので長距離引越しなら下手したら5万円以上も差がでるかもしれませんね・・・。

 

引越し価格ガイドで相見積もりしないと、高額な引越し費用を払うことになるので注意が必要です。

 

引越し料金の算出方法

荷物の量×移動時期×移動距離=引越し料金

 

荷物量

引越しをする人の荷物が少なければ少ないほど安くなります。ダンボールの数が少なくなるので、作業員の人数やトラックの台数を減らすことができるので人件費が抑えられるため、引越し料金が安くなるみたいです。

 

できるだけ粗大ごみで処分をしたり、ブックオフやYahooオークションで売って、身軽になりましょう!次の新居で新しく家具や家電をそろえれば問題ない!と割り切って、思い切って断捨離をしてみましょう。

 

タイミング

引越しの繁忙期である2月、3月、9月は他の月と比べて料金が大幅に値上がります。引越しシーズンということもあり、多くの人が同じタイミングで引越しをするので、業者側も対応できる人数やトラックの台数の確保などのタイミングがあるため、場合によっては通常期の3倍以上も高い金額を要求してくる可能性があります。

 

可能であれば、少し時期をずらすなり、土日ではなく平日に引越しをするなどの調整をしたほうが安くなるのでオススメです。また近距離引越しなら、一部の荷物は自力で運んで荷物量を減らしてみましょう。

 

移動距離

距離が長いほど、トラックのガソリン代や高速道路の使用料、作業員の拘束時間が増えることによる人件費の高騰となるため、近距離と比較すると長距離は高くなりがちです。もちろん、距離が短くできればよいのですが、そうも言ってはいられないですよね・・・。

 

近距離引越しなら、移動距離が短いため料金は極端に安くなりますので、近所で引越しをする場合は、近距離引越しを得意とする業者にお願いをしましょう。

 

引越し価格ガイドでまとめて近距離引越し費用をシミュレーションして、最安値の引越し業者を探すと楽ちんです。

 

引越し業者のタイミングや得意分野によって料金が変動する

引越し業者側の都合もあり、人手が足りていない時やトラックの台数が少ない時は料金が高くなりがちです。また近距離が得意な業者もあれば、単身引越しが得意な業者もあり、それぞれ特徴があります。

 

まずは複数の業者へ見積もりをして、最安値を見つけてみましょう。見積もりをするタイミング次第で、劇的に費用が安くなるのでこれまでのポイントを踏まえて、見積もりをすると失敗せずに納得できる業者が見つかるかもしれません。

 

近距離引越しは単身パックか赤帽がオススメ!

3km圏内のような至近距離の引越しの場合、数時間で引越しが完了できるので、引越し業者の単身パックがオススメです。単身パックは少量で近距離引越しのひと向けの格安プランで、1万円台で引越しも可能です。

 

また単身パックよりも安く済ませるなら、輸送業者の赤帽を使うという手段もアリです。赤帽は軽トラックのオジサンが荷物を運ぶため、自分もオジサンの手伝いをしなければいけません。労力はかかりますが、1万円前半で引越しができるので魅力的です。

 

もし1万円以下で抑えたいし、近距離引越しなので自力でやるわ!というひとは、レンタカーで軽トラックやハイエースを借りて自力引越しをしてもよいかもしれません。手伝ってくれる友人や職場の同僚がいるひとは、レンタカーで引越しをすると激安ですむので選択肢としてはアリですね。

 

ただしプロの引越し屋ではないので、スムーズに運べずに苦労するかもしれません。思ってた以上に、時間がかかってしまい、結局、近距離でも引越し業者に任せたほうが良かったじゃん!という結論になるかもしれないので注意が必要です。

 

近距離引越しの相場は?

近距離の目安としては半径20km圏内の移動です。渋谷駅から20km圏内は以下の円のマーク内です。以下の地図上の距離計測サイトに現住所を入力すれば、引越し先が半径何km以内かがすぐにわかります。
地図上の距離計測
近距離

 

東京都内の渋谷駅からの引越しの場合、横浜市やさいたま市は近距離にはならず、中長距離の引越しになりますね。

 

近距離引越しなら、引越し業者の格安プランである単身パックがオススメです。名前の通り、単身者向けのプランとなっていて、近距離で荷物が少量の引越しをするひと向けのプランです。

 

近距離引越し

 

私が過去に2月と9月に近所に引越しをしたとき見積もりをしたときは、上記金額でした。繁忙期の場合の近距離引越しの相場は安くても2万円前後、閑散期の場合の相場は1.4
万円前後が相場です。

 

私の場合、荷物量が一人暮らしのひとの中でも少ない方でした。6帖のワンルームから1DKのマンションへの引越しでしたが、ベッドやテレビ、ソファーなどもなく、ダンボール5箱+洗濯機ぐらいでした。冷蔵庫もペットボトルや缶ビールを冷やす用の小さいものだったので、荷物は超少量でした。もし荷物が多いひとは、上記金額の2倍近くになることもあります。

 

近距離引越しを得意とするオススメの引越し業者は?
クロネコヤマトのおまかせフリー便

クロネコヤマトのおまかせフリー便は以下の条件に当てはまるひと限定の激安プランです。ヤマトの基本プランの引越らくらくタイムリーサービスからさらに半額になるプランです。フリー便なので、時間指定をしない点がハードルが高いかもしれませんが、引越し予定日のスケジュールを柔軟に対応できてかつ、近距離の引越しのひとにはピッタリのプランです。

家財量15cm3以内および移動距離50km以内の近距離引越し
引越し日を5日間提示して日時をクロネコヤマトの都合に合わせる

 

アリさんマークの引越社の超ミニ引越しプラン

アリさんマークの超ミニ引越しプランがオススメです。引越し日時の指定はできずアリさんマークと目安の日程を事前に相談する必要がありますが、以下の条件に当てはまれば格安で引越しができます。

同一市区町村内の超近距離引越し(5km)
ダンボール箱10箱以内の少量引越し

 

日通の単身パック当日便

近場の引越しで早く安く済ませたいひとを対象とした日通の単身パック当日便は、以下条件に合致するひと向けに格安でプランを提供しています。日通の単身パック当日便で引越しをするひとの特典として、ダンボール10箱とガムテープ、布団袋とハンガーボックスを無料で使用できます。

単身引越しでワンルーム〜2DKに住んでいるひと
車で30分の移動距離
引越し作業開始から4時間以内に終了できる

 

上記のランキングは私の個人的に安いと感じた引越し業者です。見積もりをするタイミングや時期によって料金は変わるので、上記ランキングはあくまでも参考程度に流していただければと思います。上記引越し業者を含めて一括見積もりをして比較することで、近距離引越しの中でも最安値の引越し業者をすぐに見つけることができます。

 

近距離引越しは料金重視なら赤帽もオススメ

近距離だから引越し業者を使わずに、安く済ませる方法はないか?と考えたときに、赤帽はオススメの選択肢といえるでしょう。私は大学生の時に東京都内の外苑前から目黒への近距離引越しで、赤帽を利用しました。

 

各引越し業者の単身パックと料金を見比べましたが、ダントツで赤帽が安かったです。引越し業者の電話対応で、他社は1万3千円です!と伝えたところ、「どこの業者ですか?」と聞かれて「赤帽です!」といったら、「ああ、赤帽ですか、、、それは安くなりますよね」と引き下がってくれました。

 

赤帽は引越し業者ではなく、軽貨物運送業者なので、引越し料金はダントツで安くなります。

作業時間2時間以内・走行距離20Km以内の場合
⇒13,500円
(1台1行程・ドライバー1名、土曜・日曜・祝祭日は2割増)

 

安いカラクリは軽トラックのオジサン一人しか作業をしないので、自分も引越し作業を手伝わなければいけないからです。冷蔵庫や洗濯機などの重たい荷物を軽トラックに積み込みをする作業は正直大変です。つまり自分の労力を提供する代わりに、引越し料金が安くなるというカラクリです。

 

赤帽は首都圏だけでなく、大阪や札幌、福岡まで全国規模で展開しています。赤帽は個人事業主の集まりなので、地域密着型の引越しとなるため、地方の引越しも強みとしています。

 

赤帽一覧
  • 赤帽アルバトロス運輸
  • 赤帽ナビゲート運輸
  • 赤帽越運送
  • 赤帽武正運輸
  • 赤帽高浦運輸
  • 東京近郊で『単身引っ越し』なら赤帽いいとも
  • 赤帽大阪
  • 赤帽バウカーゴ・ツー
  • 赤帽北海道軽自動車運送協同組合
  • 赤帽福岡県軽自動車運送協同組合

 

赤帽のメリットはとにかく安い点、デメリットは自分で手伝わけなければいけないので面倒くさい、引越し専門のプロではなく荷物の破損時の補償はない点です。近距離の引越しなのでとにかく1円でも安くしたいなら、赤帽を使うという選択もアリです。

 

近距離引越しを自力引越しするなら

どうせ近場の引越しなら、わざわざお金を支払って引越し業者に依頼せずに、自力で引越しをしようと考えるひとは少なくないです。自力引越しの場合、レンタカーを借りて運転するパターンと、バスやタクシーなどの公共機関の乗り物を使って運ぶ方法があります。

 

ニッポンレンタカーやトヨタレンタリース、ニッポンレンタカーで軽トラックやハイエースを安く借りて(5,000円前後)、友人に手伝いをお願いして運送すると激安で引越しを終わらせることができます。自分で運転するのが不安なひとはレントラ便(運転手付きレンタカーサービス)を使って、運転手だけ借りるのもアリですね。

 

タクシーで引越しをする場合、近距離なら数千円で済むので、タクシーのトランクに荷物を載せて、コツコツ運ぶという方法もあります。至近距離で荷物が圧倒的に少ないひと限定にはなりますが。

 

自力引越しなら、5,000円以下で引越しができるので経済面を考えると最も安い引越しの手段といえるでしょう。もちろん、レンタカーを使わずに、自家用車で引越しをすればタダで引越しができますね。もちろん、家族や友人の手助けが必要なので、何かしら謝礼をする必要があるかもしれませんが・・・。

 

ただし、自力引越しで1日引越し作業に追われるなら、引越し業者に2〜3万円支払って、楽することで時間をお金で買うという発想も大事です。自力引越しは想像以上に骨が折れる作業なので、振り返ったときに後悔しないようにしたいですね。

 

近距離引越しはクレジットカード払い可能?

クレジットカード

 

近距離引越しだけど、引越し代金を支払うお金がなくて困っていませんか?もしくは現金支払いではなく、クレジットカードで分割払いをしたい!カード払いでポイントやマイルをお得に貯めたい!と考えるかもしれません。

 

近距離の引越しで引越し代金が2万でも、カード払いにすることで支払いを遅らせることができるので、給料日の後に支払うことでキャッシュフローを良い感じにできますからね。

 

結論、近距離引越しでもクレジットカード払い可能です。しかし、引越し業者によって、一括払いと分割払いの料表対応ができる業者は限られます。また、カードの種類によって、カード払いNGになるケースもあります。

 

たとえば、VISAやJCBはOKだけどMASTERは取り扱いがない、AMEXはOKだけどダイナースはNGという場合です。私はいつも楽天カードで支払いを済ませていますが、もし自分の保有しているクレジットカードで支払いが可能か確認したい場合は、見積もりをするタイミングで確認するほうがベターです。

 

一括見積もりサイトを利用して、クレジットカード払いに対応してくれる業者を探して、電話やメールで自分のクレジットカードが使用可能か確認しましょう!