MENU

アート引っ越しセンターで近距離引越し!

以前東京で一人暮らしをしていましたが、彼氏と結婚前提で同棲をするために同じ区内に引っ越ししました。距離としては、自転車で10分ぐらいです。色んな引っ越し業者の見積もりを見比べる事もせず、アート引っ越しセンターにお願いしました。

 

自分の荷物をあまり知られていない引っ越し業者に預けるよりは、一番知名度のあるアート引っ越しセンターにした方が安心だと思ったからです。以前引っ越しの際に知名度の低い安い引っ越し業者にお願いしたことがあり、その時は問題なく引っ越しが出来たのですが、やはり大丈夫かなという不安感がずっとありました。それに比べて、アート引っ越しセンターはCMで見る限り元気いっぱいで愛想がよく、仕事もしっかりこなしてくれそうな気がしました。それが、アート引っ越しセンターを選んだ決め手です。

 

見積もりはホームページの見積もり申し込みフォームに入力して問い合わせました。その後電話で見積もりをしてもらいました。エレベーターの有無、おおまかな荷物の量などを伝えました。引っ越し料金は3万5千円。他の業者なら、もう少し抑えられたかもしれませんが、安心料と考えました。

 

荷物は段ボール×10箱、チェスト×2、ソファー、カウンターテーブル、イス、テレビ、テレビ台、布団一式です。トラック一台一往復で済みました。初めに引っ越し業者の方が一人暮らしのアパートに来てくて、一人一人自己紹介をしてくれました。あまりにも狭い空間で声を張って自己紹介をしてくれたので、恥ずかしいというか逆に私が緊張してしましました。

 

ですが、イメージ通り元気があり、エレベーターもないのに一生懸命運んでくれました。ご近所にもティッシュを配って頂いて、いい心遣いだなと思いました。ただ、の支払いの時に「テレビの脚の部分に敷く地震対策シートを今この場でテレビを持ち上げて設置するので買いませんか?」と急に言われてびっくりしました。しかも、そのシートを2千円で買ってしまったのですが、後に100円ショップで同じような商品を見かけた時には本当に後悔しました。その時は私ひとりだったので断りにくく、しかも設置までしてくれるという誘惑に負けてしまいました。

 

引っ越し先のインターネットは、下の階に彼のご両親が住んでいたので、その電波を貰いなんとか私達の部屋でもネットをすることが出来ました。ですがその後、電波が安定しないのを理由にフレッツ光の契約をしました。毎月5千円の出費はいたいですが、やはり快適です。NHKの受信料は元々支払っていましたが、引っ越しを機に解約しました。そして引っ越し先では、新たに契約をしました。

 

近距離引越し費用見積もりガイド【最安値の業者】(TOP)