MENU

ヤマト運輸の単身引越しサービス(miniタイプ)がオススメ!

学生生活を終えて、一人暮らしをしていた東京から神奈川の実家へ戻ることになりました。電話帳でいろいろな引っ越し業者さんを探し、電話で見積もりをしてもらったのですが、家族向けの引っ越しサービスがほとんどでした。一人暮らしで荷物も少なかったので、家族向けの引っ越しサービスは割高だな、と思っていました。そんなとき、母が勤めていたヤマト運輸さんのドライバーさんから「単身引っ越しサービス(miniタイプ)」を紹介していただきました。

 

大手の会社ですし、なにより母もお世話になっているということで信頼してお任せすることにしました。電話での見積もりをして頂き、18000円と良心的なお値段を提示していただきました。

 

私が借りていたアパートは、冷蔵庫と洗濯機とベッドが部屋に備え付けてあるところでしたので、実家へ運んでいただく荷物は、一般的な一人暮らしのかたよりもかなり少なかったのではないかと思います。運んでいただいた荷物は、衣装ケースが6個、折りたたみできるテーブル1台、布団1式、教科書や書籍を詰めた段ボール6箱ほどでした。ですので、集荷にいらしたドライバーさんも荷物量の少なさに驚いていたくらいです。

 

引っ越し当日は、2人のドライバーさんがいらして、明るくてきぱきと荷物を専用BOXに積んでくださいました。事前に荷物を梱包し一か所にまとめておき、そのうえ荷物量も少なかったので、ものの10分ほどで部屋が空っぽになりました。さわやかなドライバーさんから渡された伝票へのサインをして、一人暮らしの引っ越しは終了しました。荷物は、翌日実家のほうへ無事届きました。

 

大学の近くに住んでいたので、インターネットの利用は大学のコンピューター室を使っていたこともあり、アパートではインターネット回線を引いていませんでした。家族がフレッツ光を契約していたので、実家に戻ってからは私もそれを使わせていただいています。

 

学業に専念したいと思っていたので、アパートではテレビを置いていませんでした。6畳の1Kでしたので、備え付けのベッドが部屋のほとんどを占め、テレビを置く場所もなかったということが、一因でもありますが。でも、アパートに入居してすぐに、NHKの契約をしてくださいというかたがいらして、うちにはテレビがないのでと、お断りした覚えがあります。テレビがないというのが、なかなか信じてもらえなかったのも今ではほほえましい思い出となっています。

 

近距離引越し費用見積もりガイド【最安値の業者】(TOP)